旅っていいですネ

令和4年7月6日
私は、「日本味の宿」の定期総会に出席するため熊本空港にいた。
確か令和元年11月以来の上京である。
長いコロナ禍だったなあ、などと思いながら空港のカフェでコーヒーを注文した。

その瞬間、すでに、私はワクワクな気分だった。楽しいのである。
これから飛行機に乗って東京へ行くということが。
機内でも本を読みながら楽しく過ごし、富士山も見ることができた。
モノレールの窓から見える湾岸の景色は新鮮で、
銀座の街を歩いているときは、すれ違う人たちに声をかけたい衝動にさえ駆られていた。
なんて楽しいのだろう。
ホテルにチェックインすると、ベッドに大の字に寝そべり、自然と笑みが漏れた。
「あー、これが旅の醍醐味だったなあ」ひとりで空想を巡らす。

総会会場には無沙汰していた同業者たちがすでに揃っていた。
やはり皆、いい顔をしている。上機嫌なのだ。
マスコミの方々も多く見えられ、顧問の柏井先生の挨拶が始まった。
やはり先生も京都から東京に向かう道中での「なぜかワクワク」の話をされていた。
皆、同感の相槌を打っていた。

やはり旅は楽しい。
移動し、その先で人に出会い、ごはんを食べ、酒を酌み交わす。
もうそれだけで私たちの体は軽くなり、心は踊りだす。
なんて幸せなんだろう!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です