コロナ

連日のコロナウイルスの報道のなか、2月22日、23日の連休は、
五足のくつは、おかげさまで満室だった。
とてもありがたいことである。
これまで、インバウンドのお客様はほとんどなく、
国内のお客様頼りで営業してきたから当然といえばそうかもしれない。

ところで、熊本県内のテレビ、新聞の報道では、
「コロナウイルスの影響で、連日、各地の観光地に人影まばら」などと報道していたが、
驚くべきことに、五足のくつの下のブルーガーデン前の駐車場は
2月23日、24日午後は、いつもの連休と変わらない、
いや、いつも以上の人出だった。
もちろん、だれもマスクなどしていない。
海岸の磯場は、釣り人で賑わっていたし、
そのあと、23日の午後に私は、熊本市へ向かって車を飛ばしたが、
上天草市付近では、渋滞がひどく、
熊本市からの日帰りで天草観光のお客様も多かったことがうかがえた。
さらに、ゴールデンウイークでも、宇土から熊本市への国道が混むことはないのに、
昨日はほとんど車は進めないような込み様だった。

「いったい、どういう人の流れになっているのだろう」
翌日、そのような疑問を抱きつつ、テレビを見ていたら、
八丈島への観光客がなんと通常の4倍に増えている、と報道していた。
八丈島に船で渡り、コロナウイルスへの心配も忘れて、
十日ほど仕事も持ち込んでのんびり滞在する人たちが大勢いるという。
「マスクをしないで、のびのびとエスケープしたいんです」
テレビの画面では、お客様の一人が、白い歯を見せながら笑って言っていた。

熊本市での私の行きつけの角打ち、堤酒店で、
私は、天草や、八丈島の話をした。
すると、マスターが、「大丈夫ですバイ。熊本は気温が上がって、もう春ですもん。
神風が吹いたようなもんでしょう。
あったかくなったら、風邪もひかんようになっでしょう。
熊本城にももうすぐ桜が咲きますけん、
熊本地震も乗り越えてきたじゃなかですか」

店を出ると、たしかに、もう春の風が吹いている。
自然に任せよう、とほくそ笑んだ。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です