ゴミひとつない西平椿公園 

お客様によくこのような質問を受ける。
「こんなに山の中で、よく旅館をしようと思われましたね。
管理が大変でしょう?」と。
決まって私は、笑いながらこのように答える。
「とにかく葉っぱの処理が大変です」

昨年10月にアルバイトで入社してくれた三上君という
18歳の男性が外回りの清掃を中心とした業務で大活躍してくれた。
ちょうどそのころ、
マキノという会社から電動のブロアが発売され、購入した。
風力を利用して葉っぱを飛ばしながら、一か所に集めて処理するのだが、
若い三上君は有り余る体力と仕事に対する真面目さで、
いつもこのブロアを片手に葉っぱの処理を実によくやってくれた。
その三上君が事情により先月末で退職することとなり、
困っていたところ、近くの富岡から応募してくれた方々がいた。
二人は義理の兄弟で、若いころ、大阪で共に中華料理店を営まれていたらしい。
たしか、77歳と75歳と高齢だが、髪は職人らしく短く刈り込み、
服装も面接のときは、スーツ姿だった。
なによりも、背筋がピンとしていて頼もしい。
三上君から仕事を引き継ぎ、元気にブロア片手に
葉っぱの処理に精を出してもらっている。

ところで、3月3日、西平椿公園で「あったか天草椿まつり」が開催された。
天草に春をつげる催しだ。
たいへん賑わったらしい。

私は先日の撮影会でこの公園を訪れたときのことを思い出した。
カメラマンとともにそうとうな距離を歩いたが、
どこもかしこも「ゴミひとつない」徹底したきれいな環境づくりをしてある。
これは、一朝一夕にできるような掃除ではない。

この集落の人たちは、古くから自生するヤブツバキを大切にしてきた。
搾油した椿油は、当時、高値で取引され、生活の糧でもあった。
平成の大合併以前の天草町時代には、西平椿公園として整備され、
ささやかな搾油の工場も新設された。
また、眼前に見える大ヶ瀬、小ヶ瀬付近の豊饒の海は、
熊本県下初の海中公園にも指定されている。
現在、この公園は、集落の有志の人たちが天草市の指定管理者となり、
一帯の面倒を見られている。
もう老人といってもいいような方々ばかりだ。
しかし、その仕事ぶりは、若い者に負けてはいない。
いや、これまでの人生で確実に実を績んできた者にしか、
このような根気のいる仕事はできないのかもしれない。

私は、鏡の前に立ち、自分の顔をしげしげと眺めた。
今年で、五足のくつは17周年を迎える。
それは、確かな時の流れだった。
その時の流れは、
私の顔にしわの一本一本となって刻まれているのを確認した。

 

*****

熊本県・天草市・下田温泉の旅館「五足のくつ」は、九州・熊本の雲仙天草国立公園にある、全室源泉かけ流し天然温泉の露天風呂付き離れの宿です。生ウニや伊勢エビやアワビなど、旬の地魚を使った懐石料理や天草産の天草大王・天草黒牛が人気。白秋らの紀行文「五足の靴」が名前の由来。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です