風変わりな台風

東から西、地図上では右から左へ移動する
台風の報道をみていると、不思議な感覚に包まれる。

台風というのは、
先に九州で暴風が吹き荒れ、大雨になり、
その後に東へ移動していくのが常であるということに
何の疑問もなく、当たり前であると思っていたからだ。

だから伊豆諸島や東海地方の報道を見ながら、
天草がおだやかな天候であることに
微かな罪悪感さえ感じてしまう。

また、報道によると、
広島や岡山といった大雨による被災地付近で
さらなる大雨に注意が必要という。

この十数年、自然災害が頻発するようになってきた。
私も熊本地震を経験した。

あの頃の風評被害に悩まされた日々を思うと、
つくづく観光は平和産業であると思う。

広島にも岡山にも同業者の仲間がたくさんいる。
一日も早い復興を願うばかりだ。

 

↑天草の海はおだやかで夏空が広がっている

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です