2018年夏、天草のめでたい話

2028年の天草での慶事について、
「長崎天草地域の潜伏キリシタン関連遺産」が
正式に世界遺産に登録されたこと。
ミシュランガイドに五足のくつや伊賀屋を含め
天草の旅館やお寿司屋さんが掲載されたことを
前回、このブログに書いたが、
今朝、地元紙を開いたら、
またもうひとつ天草のめでたい話題を発見した。

天草の第一映劇という映画館が存続することが発表されたというのだ。

実は、今年のゴールデンウイークに
五足のくつの常連のお客様のF様から、
「第一映劇が6月で閉館になるそうですよ」と教えていただいていた。
F様は、たいへんな映画通で、五足のくつにご宿泊のときも、
よく第一映劇に足を運ばれていた。
「そうですか。残念なことですね」
私も、天草においての心地よい時間を過ごせる
大切な場がなくなることが悔やまれた。

ところが、である。

なんと天草市が、第一映劇の入るビルのオーナーと直接交渉し、
加えて建物を安全にするための工事まで肩代わりして、
劇場を存続させることにしたという。
天草市は「全国的にも貴重な映画館であり、文化的価値が高い」と
判断したそうだ。

あっぱれ!である。
このような自治体の名判断は近年稀にみる素晴らしいものではなかろうか。

工事後の再開は、今月28日だそうだ。
楽しみである。柿久支配人の目に適った映画がまたこれからも、
この天草の日常のなかで鑑賞できることが何よりもうれしく感じる。

平成30年7月16日の熊本日日新聞に存続の記事が掲載された。うれしい!!!

 

 

 

熊本県・天草市・下田温泉の旅館「五足のくつ」は、九州・熊本の雲仙天草国立公園にある、全室源泉かけ流し天然温泉の露天風呂付き離れの宿です。生ウニや伊勢エビやアワビなど、旬の地魚を使った懐石料理や天草産の天草大王・天草黒牛が人気。白秋らの紀行文「五足の靴」が名前の由来。

7月〜8月中旬までは「とろける生ウニまつり」開催中! ⇒⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です