伊賀様の領収書

「社長!見てください!
こちらの領収書をお客様が持ってこられました!」

下田温泉伊賀屋旅館のスタッフである森口が
慌てて私の許に持ってきたその領収書を見て
私も驚きを隠せなかった。

伊賀屋発行の当時のいわゆる公給領収書である。

一泊二食付きの宿泊料金が5千円、
ビール一本が300円となっている。

「なつかしい」
つぶやいた私は、
久しぶりに見る父の手書きの文字をなぞるように見ていた。


伊賀様の領収書

 

そのお客様は、伊賀様という鹿児島からのお客様であった。
「昭和49年に新婚旅行で天草の下田温泉へ来ました。
もう夜も遅かったのですが、
宿を決めようとふたりで歩いているときに
こちらの伊賀屋さんをみつけたのです。
同じ名前の旅館があるわ、と
これも何かのご縁かも、と泊まらせていただいたのです。
私たちの先祖は、もともと三重の伊賀からやってきて、
この名前には飛び切り反応しますから」

そう言われた伊賀様に領収書を返すと、
また大事そうにビニール袋に入れられた。

「こうやって何十年もの間、大事にしてきたんです」
私は、有難くて涙が浮かんできた。

 

 

最近、伊賀屋の運営についていろいろ考えていたが、
その領収書が父から私へのアドバイスのように感じられ、
久しぶりに親からの愛情を味わった。

翌日、7月8日は、父の誕生日だった。
山崎家の墓から眺める穏やかな海を見ながら、
父に連れられて行った
少年の日のガラカブ釣りがどれだけ楽しかったか、
亡き父に伝えたかった。

 

熊本県・天草市・下田温泉の旅館「五足のくつ」は、九州・熊本の雲仙天草国立公園にある、全室源泉かけ流し天然温泉の露天風呂付き離れの宿です。生ウニや伊勢エビやアワビなど、旬の地魚を使った懐石料理や天草産の天草大王・天草黒牛が人気。白秋らの紀行文「五足の靴」が名前の由来。

7月〜8月中旬までは「とろける生ウニまつり」開催! ⇒⇒

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です