五足のくつ16周年事業II

「ランタンを替えられたんですね」
台風接近の予報にもかかわらず
五足のくつに滞在してくださっているご常連のお客様が
夕方、笑顔で話しかけてこられた。

「以前の竹籠もよかったけど、こちらのほうが灯りが優しいみたい。
巨大な蛍が飛んでいるように見えますね」
「これはインドネシアのニワトリ籠をアレンジして作ってもらったんです」と私は答えた。

今回のリニューアルでは、このランタンもお客様に好評である。
私もとても気に入っている。

そこで思うのだが、
下田の温泉街にもこの優しい灯りで演出したら
どれだけ綺麗な夜になるだろう。
下田温泉街を東西に流れる下津深江川沿いなどは、
さぞかしロマンティックになるに違いない。

ランタンの灯りに見惚れながら、自由な連想を楽しんだ。

 
インドネシアの籠職人さんにオリジナルで作っていただいた。

 


この職人の笑顔がいい!
笑顔で作ってくださったから優しい灯りなんだろうな

 

熊本県・天草市・下田温泉の旅館「五足のくつ」は、九州・熊本の雲仙天草国立公園にある、全室源泉かけ流し天然温泉の露天風呂付き離れの宿です。生ウニや伊勢エビやアワビなど、旬の地魚を使った懐石料理や天草産の天草大王・天草黒牛が人気。白秋らの紀行文「五足の靴」が名前の由来。

7月〜8月中旬までは「とろける生ウニまつり」開催! ⇒⇒

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です