ラ・ラ・ランド

「ミクロの決死圏」というアメリカ映画を
幼い頃、父とテレビで観ていたら、
父が「アメリカっちゅう国は、えらいな国じゃねえ。
こがん映画ばつくっとばい」と言って驚いていた姿を思い出すほどに
驚きの映画を天草第一映劇で続けざまに観た。

「ムーンライト」と「ラ・ラ・ランド」

実は、前回のブログで、「ムーンライト」について長文を書いたのだが、
それを読んだ五足のくつの支配人の中川が、
「観ようと思って楽しみにしていたのに!
ここまで書いたらネタバレじゃないですか。
これを読んで怒る方々も大勢いらっしゃると思いますから、
書き直したほうがいいんじゃないですか」ということで、短い文章となったが、
その翌日に観た「ラ・ラ・ランド」!

こんなに心躍り、楽しくなった映画はそうそうない。

妙な話だが、この映画を観ていた時に、私は、中村天風先生のことを思っていた。

「人生は、心ひとつのおきどころ。晴れてよし。曇りてもよし、富士の山」

人の人生を描いてくれる映画を眺めていると、
ああ、やっぱり先生の言われるとおりだなあ、とよくわかる。

「いいか、よく聞け!悩むために、苦しむために生まれてきたんじゃないぞ。
自分の心臓にもっともっと歓びを与えてやるんだ!」

そうだ、自分が主人公のこの人生、どう生きるかの自由が与えられている。
なんて幸せなんだろう。
映画館を出た時の私は、晴れ晴れ過ぎるほどの笑顔だったのだろう。
第一映劇前の道路で信号待ちをしている車のドライバー数人と目が合ったが、
皆、一様に珍しいものを見るような目つきだった。

 

 

 

 

・*。.:*:・゜ ・*。.:*:・゜ ・*。.:*:・゜ ・*。.:*・゜ ・*
お問い合わせ&ご予約はこちらへ
祝☆伊勢えび漁解禁! 五足のくつ&伊賀屋では『伊勢海老まつり』を開催中!
南の島・天草でお待ちいたしております!

石山離宮 五足のくつ

天草・下田温泉 旅館 伊賀屋