ニューヨーク4.いらぬ心配

 

華子は、国際教養学部とか、国際のつく学部を受けたのだが、
それがどのような進路や興味を考えての結果なのか、
そのようなことは聞くこともなく、入試の季節に入った。

そして最後の女子大の入試の日の出来事だ。
その入試会場には保護者控室まで準備されており、
その控室には、大学の案内という冊子が置かれていた。
私は、何気なくそれを手に取り、学部案内の頁を覗いてみた。

驚いたことに華子が受験した国際学部での履修科目は、
世界史や政治経済など、華子の苦手な科目ばかりではないか。
小学生の頃から社会が大の苦手で、嫌いな科目だった。
今回の入試の選択科目も社会からは選ばず、
数学で受験しているのである。

なにを考えているのだろう。
試験が終わり、控室に来た華子に、
「華子が受験した国際学部は、
華子の苦手な科目ばっかり勉強せないかんごたるばい。
大学の4年間は、地獄ばい」と、言うと、
「あっ、そう。知らんかった」と、
いつものごとく他人事のように言った。
さらに「パパ、今日は、疲れたけん、私の大好物の中華にしよう」
と言うので、私も心配することがばかばかしくなり、
「華子は、中華の子って書くけんね」
などと言いながら笑い、中華レストランを目指して歩いた。

 

 

_1480

↑ロックフェラーセンターのスケート場。
「華子、今年はすべってもいいよ」と言ったら
聞こえないふりをされたが、ひとりで大笑いした

 

 

 

・*。.:*:・゜ ・*。.:*:・゜ ・*。.:*:・゜ ・*。.:*・゜ ・*
お問い合わせ&ご予約はこちらへ
南の島・天草でお待ちいたしております!
2016年2月1日から8月分までの予約を受け付けております。
*3月から「とろける生うに祭り」がスタートします!!!

bnr_side01

bnr_side02