コロナ

連日のコロナウイルスの報道のなか、2月22日、23日の連休は、
五足のくつは、おかげさまで満室だった。
とてもありがたいことである。
これまで、インバウンドのお客様はほとんどなく、
国内のお客様頼りで営業してきたから当然といえばそうかもしれない。

ところで、熊本県内のテレビ、新聞の報道では、
「コロナウイルスの影響で、連日、各地の観光地に人影まばら」などと報道していたが、
驚くべきことに、五足のくつの下のブルーガーデン前の駐車場は
2月23日、24日午後は、いつもの連休と変わらない、
いや、いつも以上の人出だった。
もちろん、だれもマスクなどしていない。
海岸の磯場は、釣り人で賑わっていたし、
そのあと、23日の午後に私は、熊本市へ向かって車を飛ばしたが、
上天草市付近では、渋滞がひどく、
熊本市からの日帰りで天草観光のお客様も多かったことがうかがえた。
さらに、ゴールデンウイークでも、宇土から熊本市への国道が混むことはないのに、
昨日はほとんど車は進めないような込み様だった。

「いったい、どういう人の流れになっているのだろう」
翌日、そのような疑問を抱きつつ、テレビを見ていたら、
八丈島への観光客がなんと通常の4倍に増えている、と報道していた。
八丈島に船で渡り、コロナウイルスへの心配も忘れて、
十日ほど仕事も持ち込んでのんびり滞在する人たちが大勢いるという。
「マスクをしないで、のびのびとエスケープしたいんです」
テレビの画面では、お客様の一人が、白い歯を見せながら笑って言っていた。

熊本市での私の行きつけの角打ち、堤酒店で、
私は、天草や、八丈島の話をした。
すると、マスターが、「大丈夫ですバイ。熊本は気温が上がって、もう春ですもん。
神風が吹いたようなもんでしょう。
あったかくなったら、風邪もひかんようになっでしょう。
熊本城にももうすぐ桜が咲きますけん、
熊本地震も乗り越えてきたじゃなかですか」

店を出ると、たしかに、もう春の風が吹いている。
自然に任せよう、とほくそ笑んだ。

 

 

 

 

長崎への小旅行

天草崎津集落の世界遺産指定の影響もあってか、
天草西海岸の観光地は、この秋はとても盛況だったようだ。
五足のくつも、伊賀屋旅館もおかげさまでたくさんのお客様にお出でいただいた。
働き方改革の時代である、
どちらの旅館も12月初旬に三日間の休業を決め、
施設&スタッフ充実日として、修繕工事などを行った。

「じゃあ、私は、長崎へ行って、
レストランで使うコースターなどの小物を買いに行ってきます。
前からインスタで気になるお店がありますから」
と、支配人の中川が言うので、私は、
「じゃあ、久しぶりにター坊のすし屋でランチでもしようか」と提案した。

ター坊は、私のいとこで、
長崎で『鮨好(すしよし)』というすし屋を営んでいる。
カウンター4席のとても小さな店だが、味は素晴らしい。

この店のことを考えると、
格付け機関などの情報ソースなどに引っかからないのがとても不思議だ。
地元長崎の人たちでも、今回の小旅行で出会った人たちが、
「ランチはどこで?」と尋ねるので、「小江原の鮨好で」と答えると、
「天草のほうがおいしいお寿司屋さんはあるでしょうに」と言う。
情報のブラックボックスに落ちたような感覚だ。
逆に、自分の舌だけを頼りに、この店にたどり着いた、
この店の常連の方々というのは、やはり超のつく魚好きと言えると思う。

カウンターの席に座ると、ター坊は、スマの中落ちを削り、
カラシをつけて出してくれた。
キハダマグロを切っているところを眺めていた中川が、
肉みたいに綺麗ですね。というと、
ター坊が、「そら魚に失礼ですばい」と返していた。

造りは、大胆にも1キロ半ほどのスマを厚切りにして
背面全部をカラシでいただく。
「ポン酢やったら旨うなか魚も旨くなるけん。
だいたい日本人は、魚はわさびじゃなく、カラシで食いよったとよ。
小林一茶の弟子がそがん俳句ばつくっとったろ」

スミイカの握りは、やはりでかいミズイカよりもはるかに繊細である。
橘湾のアカアシエビで包んだシャリの温度の加減のよさ。
有明海のコハダは、脂がのって、下の上をつるっと滑って流れていった。

帰りは、バスを乗り継いで茂木港へ。
夕方5時発の船に乗った。
天草の富岡港を朝9時15分の出港だったから、
わずか半日で、充分すぎる小旅行ができた。

海が凪いだ日の朝、「どうですか」と、
お客様に提案したい一日の過ごし方である。

五足のくつの一行も使った、茂木、富岡線に乗るだけでも、
港の待合所で船を待つ人たちの、その旅の目的に思いを馳せるだけでも、
すてきな旅情につながることは、間違いない。

 

↑キハダマグロ。ぜひ食べていただきたい。
そして、このあとの料理は食べることに熱中してしまい、
写真を撮りそこなってしまった。

 

 

 

 

父の同級生

先日、私が六代目となる『天草下田温泉 旅館 伊賀屋』に
ご家族連れのお客様がいらっしゃった。
「ご主人はいらっしゃいますか」と聞かれているという知らせを受け、
さっそく私はお部屋に伺った。
私と同年代であろう男性は、このような話をされた。

「この度は、急に一人増えてしまって申し訳ありません。
実は昨夜、私の父が、天草では、どこの旅館に泊まるのか、と聞くので、
下田温泉の伊賀屋旅館だよ、と答えたら、懐かしいなあ、
そこの旅館は、天草農業高校時代の同級生がやっているとこだ。
三十年ほど前に還暦祝いの同窓会をやった。
俺も連れて行ってくれないか。
と言うので急でご迷惑か、とも思いましたが連れてきたのです。
今、隣の部屋にいるので、会ってくれませんか」

その方は、隣の客室で、座布団に正座をして、
テレビの相撲中継をご覧になっていた。
私は、大相撲九州場所をこたつに正座して楽しむ父を思い出していた。

「主人の山崎です。父は、平成十年に亡くなりました」と言うと、
「そうですかあ。同窓会のときは、まだ元気だったけどなあ。
あのときは、たくさん飲んだ。いい思い出ですよ」

「ええ。私もあの日のことは、よく覚えてます。
私の父と、寮で一緒だった人たちは、
夜も寝ずに、24時間飲み続けでしたからねえ。
忘れるはずもありません。
化学製品のアルコールではなくて、本当の焼酎を飲めるのがうれしい、
と皆さん言われてました。ごはんも毎日腹いっぱい食べられて、
日本にこんないい時代が来るとは、夢んごたる、
と本当、皆さん喜んでいらっしゃいましたねえ」

翌朝、私は、
ワンボックスタイプの車に乗り込まれるご家族を見送った。
「必ず、また来ます」と、父の同級生が笑いながら手を振り、
大きな声で言われた。

一瞬、私の目には、その方が父に見えた。
私に「がんばれ!」と言う父の顔に見えたのだ。
懐かしくて懐かしくて、もう一度、父に会いたい、と思った。

 

 

 

 

K様からのおみやげ

実は、私のこのブログには、検閲者がいる。
支配人の中川である。

いくつか推敲してみた。
数か月前、検閲に引っかかって以来、ブログからも離れていた。
また、再開したい。
どうか、このブログを数か月ぶりにアップして欲しいのだが。

*****

中川でございます。修正に数か月かかりましたが、検閲OKです! よかったら下記のブログをお読みくださいませ

*****

今年の春、五足のくつ創業間もないころからのお客様のK様がいらっしゃった。
K様のご両親は、天草のお生まれで、代々天草に伝わる家柄である。
そこで、K一族の源は、天草である、ということを
東京在住のお子様たちに伝えるために天草に来られているという。
これまではご子息とお嬢様とご一緒だったが
今回は、お孫さんもご一緒で、たいへん賑やかであった。

K様は、写真が趣味で、以前、旅の思い出を写真と文章で綴り、
私どもにプレゼントしてくださったのだが、
今では、五足のくつにとっても大変貴重なアーカイブとなっている。
あらためて、その写真集を開いてみた。
10数年前の料理や施設、スタッフなどが懐かしく、心動かされた。

先々週、K様はチェックインされた後、すぐにコレジオに来られて、
「これ、太郎君に」
と、紙飛行機の組み立てパーツを頂いた。
それは、ブルーインパルスで、防衛省監修の大変立派なものだった。
「今、何年生ですか」
「今度、4年生になります」
「じゃあ、もうなんでも器用に作られるでしょう。
こういうのも楽しんで作られると思いますよ」
さっそく、太郎に電話すると、早く持ってこい、と喜んでいた。

これまでも、ジブリ映画の「風立ちぬ」の貴重な紙飛行機や、
さまざまな組み立て飛行機を頂いた。
K様は、紙飛行機の第一人者で、
国内の飛行機関連の団体の要職も務めていらっしゃるのである。

偶然にも、というか、縁あってというか、
太郎は、小さいころから、飛行機に憧れ、
いろんな飛行機グッズを集めている。
映画「紅の豚」をどれだけ観たことだろう。
今では、セリフさえ正確に覚えている。
k様からいただいた紙飛行機をさっそく袋から取り出し、
楽しそうに作っていた。
「パパ、これ見て」
と言って、学校の図工の時間に作った木製の飛行機も見せてくれた。
なるほど、K様が言われた通り、今度4年だからか、器用に作っている。
私は、太郎と、K様からいただいた紙飛行機を持って、
近くの公園へ行き、飛ばすと、
それは我々の想像をはるかに超えて飛んで行った。
太郎は、飽きることなく、何度もブルーインパルスを放り、
空を見上げ、喜んでいた。

↑K様ご一家 天草の夕陽をご堪能中です

↑その際にK様が撮影なさった写真です

↑ご滞在中、サクラが満開でした。こちらもK様撮影です

 

↑喜ぶ太郎!

↑太郎が作った木製の飛行機

 

What a wonderful world !

昔の梅雨は、毎日のように雨が降っていたように思う。

小学生の私は、シトシト降る雨の音を聞きながら、
もうこのままこの雨は止まないのではないか、
と絶望感のようなものさえ抱いた経験がある。
だから、サマセット・モームが、
雨季のラッフルズホテルのバーで、
来る日も来る日も雨の音を聞きながら酒を飲む姿に共感したし、
ガルシア・マルケスの小説、
雨が降り始めてもう何十年たつだろう、
というような一節にも笑いながら頷くことができた。

ところで、五足のくつのAゾーンは、
雨の降る音を部屋の中で楽しめるようにと、
客室棟の雨樋をわざとつけなかった。

もう20年くらい前のことである。
私は、五足のくつができる前の山のなかに一人いた。
小雨が降っていた。
その音に聞き入るうち、懐かしい思い出が甦ってきた。
それは幼いころの夏休みだった。
私は、姉や弟とともに母の実家に長期間、あずけられた。
そこは、天草の山のなかの一軒家であった。
ある朝、シトシト降る雨が
土の上の水たまりを軽く打つ音の繰り返しを布団のなかで聞きながら、
私は、うっとりとしていた。
その時は、絶望感どころか、
この心地よさが永遠に続いてくれるようにと願ったのだ。

五足のくつでは、50年に一度ともいわれる
この数日間の大雨にもかかわらず、
多くのお客様にお泊りいただいた。

一昨日の7月3日は、
「味の宿」の総会出席のために羽田空港に到着したが、
雨が心配になり、天草にトンボ返りした。
五足のくつに帰ると、さらに強い雨が降るという予報にもかかわらず、
職場のご旅行を楽しまれる方々がいらっしゃった。
こちらのお客様方の夕食の時間には、
予報に反して強烈な太陽が輝いていた。
まぶしくて直視できないほどだった。
綺麗な夕日さえも楽しめた。
さらに南の空には虹が懸かっていた。
なんて素晴らしい世界だろう。

 

 

↑大雨警報に反して天草は夕方から晴れ!神々しい夕日を見ることができた

↑振り返ると山側には虹が!

 

 

蔵々窯 その1.

先月、熊本伝統工芸館で、「天草陶磁器展」が開催された。
春の暖かい風が吹く中、散歩がてらに行ってみた。盛況だった。

お目当ては、蔵々窯のバケツだった。
やはり生で見ると、
ニューヨークの前衛アーティストが造ったような雰囲気があり、
とてもこれが陶器だとは思えない。
バケツの赤も、懐かしいような、新しいような、不思議な感じである。

実は、私は、五足のくつをつくっている最中に、
料理の器を、この蔵々窯が一番イメージが合うと思い、
電話を掛けたことがあった。
しかし、話は進まず、それっきりだった。
そんなことを懐かしく思っていると、
会場の隅で、紙コップのコーヒーを入れてくれた人がいた。
「たしか、五足のくつの方ですか。一度、電話をいただきましたよね」
「覚えてますか。あの時は失礼しました」
会話は進まなかったが、最近の作品に私は見惚れていた。

20数年前、私が五足のくつの敷地に抱いていたイメージは、
ギリシャや古代ローマの円形劇場の風景であった。
ゴツゴツした天草陶石層の乾燥した印象と
青い海と空がそのように思わせたのかもしれない。
そのイメージは、17年前に見た蔵々窯の作品にも通じるものがあったのだ。
なぜか、それっきりになってしまったが、
今回、最近の作品を見て、その進化は、
どことなく五足のくつと似た時の歩みのような気がした。
鮮やかな原色や、エイジングされた雰囲気に
同じ方向を向いていると感じた。

なかなかよかった。
気分を良くして、熊本城を見ながら散歩をし、
城彩苑で、クマハイを飲んだ。球磨焼酎のソーダ割りである。
その日は、新市街の角打ちで楽しんだ。
なぜか散歩中から店のなかでも、サングラスをかけていた。
翌日、それがすでに酔っていた証拠だと気づくとおもしろかった。

翌週、行きつけの上通の堤酒店へ行こうと歩いていると、
なんと蔵々窯の人に会った。
「飲みに行きませんか」
と誘われたので、一緒に堤酒店の暖簾をくぐった。
「あれから一週間、天草には帰らず、友達の家に居候しています。
ずっと天草陶磁器展の会場にいました」という。
そういえば、あの日と同じ格好だ、ということに気づいた。

 

 

 

*****

熊本県・天草市・下田温泉の旅館「五足のくつ」は、九州・熊本の雲仙天草国立公園にある、全室源泉かけ流し天然温泉の露天風呂付き離れの宿です。生ウニや伊勢エビやアワビなど、旬の地魚を使った懐石料理や天草産の天草大王・天草黒牛が人気。白秋らの紀行文「五足の靴」が名前の由来。

 

 

ある会合でのこと

もう10年ぶりではないだろうか、
熊本県環境衛生同業組合の懇親会に呼ばれ出席した。
旅館の主人の集まりだが、メンバーもけっこう入れ替わっていた。

私は、前の席の人と、名刺交換すると、
「ああ、写真家の松隈から
五足のくつによく撮影に行くよと聞いていましたよ。
彼とは、中学校から高校まで6年間、寮で一緒でしたから」
「マリスト学園ですか」
「そうです。山崎さんは、高校は?」
「熊本の真和です。じゃあ、一口、知ってますか」
「同級生でした。寮でも一緒でした」
「じゃあ、私たち松隈も一口も山崎さんも皆、同級生だったんですね」
と言いながら、携帯を取り出し、一口に電話をかけ、
「今、五足のくつの山崎さんと一緒に飲みよるばってん、
二次会は、八代でお前と飲むばい。ワッ、ハッ、ハッ」
と告げて、豪快に笑い、
「一口は、今、熊本銀行の八代支店長ばしよるですもん。
よか男ですたい。幼稚園と小学校が一緒で、
家も隣でしたから、一番の同級生ですよ」
「私も一口とは、年に3回くらいは飲みますよ。
真和の同級生たちと一緒に」
「私の息子も真和だったですばい。高校は。
中学から寮に入れとったです。
今年、ようやく大学ば卒業すっとですよ」
「えっ、今年、大学卒業なら、私の娘と同級生ですばい。
娘も真和中、高ですよ」
私が驚いて、そう告げると、その人は、
「こがん共通する話題で盛り上がったとは初めてですばい。
今後もよろしくお願いします」

飲みながら、さらに話し込んでいくと
私の高校時代の先輩数人との付き合いがあるらしく、
盛り上がりは欠ける間もなく楽しい夜だった。

帰宅して、頂いた名刺を改めて見ると、創業明治12年とあった。
住所を見ると、佐敷とある。

思い起こせば、すでに40年が経過しているのだが、
高校二年生の夏だった。
佐敷にある、一口の自宅に泊まらせてもらったことがある。
料理屋の女将さんでもあった彼のお母さんに
おいしいものを皆でたくさん頂いた。
無邪気に楽しかった。
思い出に残る、その夏の日を、
私はなんどもなんども反芻し、心行くまで楽しんだ。

 

*****

熊本県・天草市・下田温泉の旅館「五足のくつ」は、九州・熊本の雲仙天草国立公園にある、全室源泉かけ流し天然温泉の露天風呂付き離れの宿です。生ウニや伊勢エビやアワビなど、旬の地魚を使った懐石料理や天草産の天草大王・天草黒牛が人気。白秋らの紀行文「五足の靴」が名前の由来。

ゴミひとつない西平椿公園 

お客様によくこのような質問を受ける。
「こんなに山の中で、よく旅館をしようと思われましたね。
管理が大変でしょう?」と。
決まって私は、笑いながらこのように答える。
「とにかく葉っぱの処理が大変です」

昨年10月にアルバイトで入社してくれた三上君という
18歳の男性が外回りの清掃を中心とした業務で大活躍してくれた。
ちょうどそのころ、
マキノという会社から電動のブロアが発売され、購入した。
風力を利用して葉っぱを飛ばしながら、一か所に集めて処理するのだが、
若い三上君は有り余る体力と仕事に対する真面目さで、
いつもこのブロアを片手に葉っぱの処理を実によくやってくれた。
その三上君が事情により先月末で退職することとなり、
困っていたところ、近くの富岡から応募してくれた方々がいた。
二人は義理の兄弟で、若いころ、大阪で共に中華料理店を営まれていたらしい。
たしか、77歳と75歳と高齢だが、髪は職人らしく短く刈り込み、
服装も面接のときは、スーツ姿だった。
なによりも、背筋がピンとしていて頼もしい。
三上君から仕事を引き継ぎ、元気にブロア片手に
葉っぱの処理に精を出してもらっている。

ところで、3月3日、西平椿公園で「あったか天草椿まつり」が開催された。
天草に春をつげる催しだ。
たいへん賑わったらしい。

私は先日の撮影会でこの公園を訪れたときのことを思い出した。
カメラマンとともにそうとうな距離を歩いたが、
どこもかしこも「ゴミひとつない」徹底したきれいな環境づくりをしてある。
これは、一朝一夕にできるような掃除ではない。

この集落の人たちは、古くから自生するヤブツバキを大切にしてきた。
搾油した椿油は、当時、高値で取引され、生活の糧でもあった。
平成の大合併以前の天草町時代には、西平椿公園として整備され、
ささやかな搾油の工場も新設された。
また、眼前に見える大ヶ瀬、小ヶ瀬付近の豊饒の海は、
熊本県下初の海中公園にも指定されている。
現在、この公園は、集落の有志の人たちが天草市の指定管理者となり、
一帯の面倒を見られている。
もう老人といってもいいような方々ばかりだ。
しかし、その仕事ぶりは、若い者に負けてはいない。
いや、これまでの人生で確実に実を績んできた者にしか、
このような根気のいる仕事はできないのかもしれない。

私は、鏡の前に立ち、自分の顔をしげしげと眺めた。
今年で、五足のくつは17周年を迎える。
それは、確かな時の流れだった。
その時の流れは、
私の顔にしわの一本一本となって刻まれているのを確認した。

 

*****

熊本県・天草市・下田温泉の旅館「五足のくつ」は、九州・熊本の雲仙天草国立公園にある、全室源泉かけ流し天然温泉の露天風呂付き離れの宿です。生ウニや伊勢エビやアワビなど、旬の地魚を使った懐石料理や天草産の天草大王・天草黒牛が人気。白秋らの紀行文「五足の靴」が名前の由来。

アコウの木

天草大江の西平椿公園の「石を抱くアコウの木」が今、SNSで話題となっている。
映画「天空の城 ラピュタ」に登場する木に似ているところから、
「ラピュタの木」と呼ばれ、パワースポットにもなっているそうだ。

今から10年ほど前、
私は、雑誌の取材のロケハンに同行して、天草を案内した。
その折、この「ラピュタの木」の横を歩いて、
その下に広がる海岸を撮影したらどうか、という提案をしようと思っていた。
ところが、一緒に歩いていたカメラマンが、突然、声を張り上げた。

「編集長!この木の特集版にしましょうよ。
これは凄い。生命力が尋常じゃあない。
木に籠る意志の力というか、大自然の怒涛のパワーが訴えかけてくる。
これは凄いですよお」
と言いながら、シャッターを切り始めた。

私は、それまでこの木を特別意識したことはなかったが、
言われてみると、
たしかになんらかの意志のようなものが感じられるような気もした。

結局、その雑誌で、
「ラピュタの木」が採用されることはなかったけれども、
あらためて、天草にとってアコウの木というのは、
特別な意味があるのだ、と思った。

昔、天草の港には、必ず立派なアコウの木が育っていた。
根強い力があるので、船を係留する目的で、植えられていたのだ。
だから、五足のくつの門の前にもアコウの木を植えて、永年の繁栄を祈願した。
今では、大いに成長し、よくお客様に
「この木は、初めて見ますが、なんという木ですか」と尋ねられる。

↑五足のくつのエントランスにあるアコウの木

 

春と秋の二回、葉が落ちてわずかな間、ピンクの花が咲くが、
すぐ散って、すぐに実がなる。そしてぐんぐん大きくなる。

そっと木肌に触れてみた。
指先から、「交歓」という普段使いなれない単語が伝わってきた。

共に生きる、貴重な存在だ。

 

 

*****

熊本県・天草市・下田温泉の旅館「五足のくつ」は、九州・熊本の雲仙天草国立公園にある、全室源泉かけ流し天然温泉の露天風呂付き離れの宿です。生ウニや伊勢エビやアワビなど、旬の地魚を使った懐石料理や天草産の天草大王・天草黒牛が人気。白秋らの紀行文「五足の靴」が名前の由来。

西平椿公園

昭和50年代のことである。
ある大手旅行会社の熊本支店長に着任された方を
天草町観光課職員が西平椿公園に案内したところ、
その支店長さんは公園の駐車場に到着早々、
車から慌てて降りるなり、両手を大きく広げて、
「素晴らしい!!」と叫んだという。
「何だ、この雄大な景色は!」と、興奮し、
そして、「素晴らしい!」を繰り返したという。


興奮が鎮まったところを見計らい、観光課職員は説明をはじめた。
「あれが大ヶ瀬です。九州の釣り人の憧れの瀬で、
九州場所のお相撲さん方が食べるアラ(クエ)も、
ここで釣ったものが多いらしいです」
などと、当たり障りのない話をしていると、
その支店長さんは、このような話をはじめられたそうだ。

「昭和41年、天草五橋開通時に、
天草の観光客数と阿蘇の観光客数はほぼ同数でした。
しかし、その後、逆転し、阿蘇の観光客数は順調な伸びを見せましたが、天
草は阿蘇の陰に隠れる格好の観光統計のグラフになって現在に至っています。
私たちの社内会議でもそういった話題が出るのですが、
皆、やはり阿蘇の世界的に雄大なカルデラの景色には天草は勝てないだろうあ、
という結論で終わっていたのです。
しかし、今、私の目の前に広がる東シナ海に浮かぶ
大ヶ瀬、小ヶ瀬を含めたこの大自然の景色は、まさに世界的です!
素晴らしい!
この絶景を多くの旅行者に知らせましょうよ。
これは天草だけではなく、日本の財産ですよ」

当時は、旅行者の支店長であれば、地元の旅館で接待するのが常であった。
懇親会の席上でも、支店長さんの「絶景への興奮」は冷めやらなかったという。
大ヶ瀬を眼前にすると、いつもこの支店長さんの話を思い出す。

↑写真・左の奇岩が大ケ瀬。大ケ瀬を眺めながらのお弁当は幸せだ

久しぶりに、西平公園を訪れた。弁当を携えての撮影会である。
今、SNSで話題の「ラピュタの木」、
石を抱くアコウの木を撮りに来たのだ。
この木を見るたびに思い起こす話は次回にしよう。

 

 

 

 

*****

熊本県・天草市・下田温泉の旅館「五足のくつ」は、九州・熊本の雲仙天草国立公園にある、全室源泉かけ流し天然温泉の露天風呂付き離れの宿です。生ウニや伊勢エビやアワビなど、旬の地魚を使った懐石料理や天草産の天草大王・天草黒牛が人気。白秋らの紀行文「五足の靴」が名前の由来。